「社長の学校」埼玉中小企業家同友会 埼葛地区会HPです

top_header.jpg











▶TOPへ ▶同友会とは!? ▶入会案内 ▶サイトマップ

例会づくり委員会

委員長:上原 秀教

【スローガン】
埼葛地区会ならではの“例会を創る”ことを意識して活動しよう!

【活動目標】
・例会への地区会員参加率を高めるために
① 幹事会における協議、審議(承認)、審議(確認)に遅滞なく諮ること
② 委員の役割を明確化して取り組むこと
③ 学びの魅力を感じる例会か?を意識して取り組むこと
・活動方針に示す「3つの活性化」への取組みの委員会員への周知
・オープン委員会の開催(学びのニーズへの対応)
・月1回程度の地区会 HP 更新

【活動方針】
・当委員会が担当する例会の報告者は地区会員とする(地区会活性化)
・各例会における「学びの肝」を明確に示すことに努める(G討論活性化)
・委員会活動の場を、例会以外の学びの機会に昇華できるように努める(委員会活性化)

【実行計画】
・8 月、1 月の例会の企画運営を担当し、各会は下記の通り計画する
8 月:三地区(東部,埼葛,東彩)合同例会 ※ベンチマーキング or イベントを予定
1 月:埼葛地区会員報告
・例月の委員会活動を企画運営する
・オープン委員会を視野に地区会員の「学びのニーズ」アンケート等を実施する
・埼葛地区会 HP の情報更新は、幹事会、他委員会と連携して実行する
(会員増強重点地域 杉戸、宮代、加須 への情報発信を視野に実行する)

夢かたち委員会

委員長:菅野泰孝

【スローガン】
本気で取り組む 生産性倍増計画!

【活動目標】
・1年間で自社の生産性を 2 倍以上にする

【活動方針】
・「マーケティング」と「経営に役立つ会計」を学び粗利アップを果たす
自社の業務内容を見直すことで時間短縮を果たす

【実行計画】
・マーケティングを再度学ぶ
・会社の活動を可視化する会計を学ぶ
・バリュープロポジションから考えた自社の商品・サービスの再確認作業
・サービス、それにかかる時間、その費用の集計と分析手法を学ぶ
・人時生産性の数値を毎月確かめる
・粗利アップと時間短縮計画の作成・発表
・経過発表会と意見交換会の実施(12 月例会)
・結果発表会開催(3 月例会)

仲間づくり委員会

委員長:細井研二

【スローガン】
埼葛地区の魅力を深め、今の仲間とより強く、新しい仲間とより広くつながっていく

【活動目標】
・例会へのゲスト参加人数を増やし会員増強につなげる
・地域の他団体との交流を深め、地域に根ざした会員増強を目指す
・埼葛地区会員同士の親睦を図り会員の連帯感を深める

【活動方針】
・ファムや中部との合同例会のみならず通常の例会においても増強を目指しゲスト参加を増やしていく
・地域の他団体への情報発信を行い、地域における同友会の認知度を上げていく
・交流部会により埼葛地区会員同士の親睦を図る
・2018年の女性経営者全国交流会(埼玉開催)への協力を行う

【実行計画】
【会員増強】
・すべての例会を増強のチャンスと捉え、年間を通して例会へのゲストの参加を推奨する
・埼葛地区内の各商工会等に増強例会のみならず各例会のチラシの同封や設置を行う
・総務広報委員会や例会担当の委員会と連帯し、例会の広報活動を早期から行っていく
【合同例会】
・合同例会ではゲストからみて魅力のある合同例会づくりを行う
・学び多い合同例会を開催することで学びを深めてもらう
【会員の親睦】
・交流部会が主催して埼葛地区会の多くの会員が参加できる親睦会を開催する
【女性経営者全国交流会(=女全交)】
・女全交の実行委員会に参加するとともに、今年度の女全交(富山開催)に参加し、埼玉開催の準備をすすめる

総務広報委員会

委員長:松本 賢二

【スローガン】
地区会の活性化と円滑な運営

【活動目標】
・地区会運営のサポート
・地区会内部への情報発信(既存のものと新しいもの)とで考慮
・仲間づくり委員会と提携し会員増強を推進、外部広報のサポート
・県広報との提携
・30 周年に向けて会員名簿ハンドブックの作成

【活動方針】
・地区会員に対し、全国・県・他地区会への参加を推奨し、参加率を向上させる
・HP、メールや FAX、SNS(Facebook・LINE・ブログ)などを連携し会員コミュニティの強化
・e-doyu の活用を促す

【実行計画】
・全県実行委員会への参加(担当、吉成・和泉)
・地区総会の運営
・地区総会・県総会・全県への参加促進
・全国、県、他地区会、青年部、女性経営者クラブファムへの参加促進
・ HP 等による円滑な情報発信(例会含む地区会活動全般の情報発信 Facebook・ブログ含む)
・同友会広報誌への情報発信
・地区会報紙(活動報告)の作成 ※3 ヶ月に一度程度(予定)
・LINE・Facebook メッセンジャー・グループの円滑な活用(地区会専用のもの)
・e-doyu・SNS などの使い方サポート(希望者がいる場合)
・地区会ハンドブックの作成に向けて、会員情報を追跡
・久喜市振興条例会議への積極的な参加(担当、白石)

30 周年実行委員会

委員長:奥津 雅史

【スローガン】
埼葛地区会ここにあり!今こそ行動のとき!

【活動目標】
・30 周年記念式典への取り組みによる行動力と団結力の向上
・30 周年記念旅行&ベンチマーキングの実施による地区会力の強化
・中期ビジョンの策定
・30 周年記念誌の発行

【活動方針】
30 周年記念式典及び記念旅行を成功裏に導く
・これまでの全ての埼葛地区会員への感謝と敬意を持って行動する
・信頼と友情が深まるように使命感を持ち楽しみながらやり遂げる

【実行計画】
・30 周年記念式典
・30 周年記念講演会
・30 周年記念ベンチマーキング
・30 周年記念旅行
・埼葛中期ビジョンの制定
・30 周年記念誌の発行