会長あいさつ

2018年度 活動方針

埼玉中小企業家同友会埼葛地区会
2018年度会長 水野浩美
go forward~邁進~
~未来への懸け橋となるための企業づくり、地区会づくり、地域づくり~

 


埼葛地区会は、新たなスタートとなる31期を迎えました。
会長3期目を拝命することとなり、私にとっても、重要な年になると思っており、2年に渡り、地区会の合言葉にしてきたスローガンであった『just do it』〜とにかくやってみよう〜から、これまでやってきたことがどうだったのか、この31期では、それぞれの活躍や行動が、実りの年となり、未来に繋げる架け橋となる活動にしていきたいと、考えています。
また、30周年記念事業で作り上げた 5年後の目標をもとに、問題意識の共有と、課題の抽出、5年先の未来に向けた行動を実践していくこととしています。
さらに、同友会活動で学んだことを自社に持ち帰り、実践することにより、自身の成長と良い会社、良い経営者、良い環境づくりを目指して、邁進して行く所存であります。
 
30周年記念事業で作り上げた 5年後の目標をもとに、問題意識の共有と課題の抽出により、 5年先の未来に向けた行動を実践していきましょう。 
また、同友会活動で学んだことを自社に持ち帰り実践することにより、自身の成長と良い会社、良い経営者、良い環境づくりを目指してまいります。
 
2018年度 活動目標
会員拡大
埼葛地区会、加須地域のそれぞれの未来に向けての増強をします。
期首 66→期末 66名(加須・羽生地域に移籍する会員数 7名以上の会員拡大)
加須・羽生地域と連帯し、例会等を開催します。
例会出席率 30
女全交埼玉開催の成功を目指します。(動員数 20名)
地区会員の活躍を埼葛地区会以外に広めます。
 
2018年度 活動方針
(1)同友会活動に積極的に参加し、同友会をフル活用します。
・地区会には、例会づくり委員会、仲間づくり委員会、 夢かたち委員会、+交流部会の委員会を設置します。
・会員は役を担うことで、自身の成長につながる活動を行います。
・幹事会は、事前準備に努め、時間短縮と近況報告及び会員拡大の課題をしっかりと話し合う時間をとります。
・埼玉開催である「女性経営者全国交流会」を埼葛地区会も応援し、積極的に参加を呼びかけてまいります。
(2)35周年に向かう第一歩をスタート
・3つのスローガン 学べる地区会 会社が良くなる地区会、仲間を深く分かり合える地区会を目指します。
学べる地区会 :経営課題を理解しその対策を学び会える例会づくり・会員交流を行います。
会社が良くなる地区会 :学んだことを実践し、その結果を報告し、会員と共有します。
仲間を深く分かり会える地区会 :ともに学び実践するとともに楽しく自然と人が集う地区会を目指します。
・30周年記念事業で作り上げた 5年後の目標達成に向け邁進してまいりましょう。
(3)会員拡大
・新地区立ち上げが本格的となり、埼葛地区会の核となる一部のメンバーの移籍による埼葛地区会の活力低下を避けるために、若い経営者のゲストの呼び込み活性化を図ります。
・加須地域が新地区として幸先いいスタートができるよう加須地域の会員とともに協力して両地区の会員拡大を図ります。
(4)「女性経営者全国交流会」埼玉開催の成功
・女全交に参加し女性の活躍を推進する職場環境づくりの必要性を学びます。
・女性経営者全国交流会の成功にむけて協力して、今こそ埼葛地区会の結束力をアピールしていきましょう。
(5)埼葛地区会会員の幸せのために
・各々の課題早期解決にむけて、同友会活動を再認識し、「明るく元気に楽しく!」笑顔多き地区会にします。
(6)地区会組織の運営改革
・会の運営に追われる時間・負担を削減し、より楽しく学びの多い会運営を目指します。
・委員会の役割の再分担と責任の明確化をします。
・新入会員が根付きやすい組織づくりをします。
・会歴の浅い会員や一部の役職に会運営の負担が集中しないように組織や例会設営を見直します。
 
2018年度 実行計画
「同友会活用の推進と地区会構築と実践」
本年度の例会は下表の通りで計画します。また、地区会体制の構築に関連し各委員会の役割を認識し、各委員会運営を計画します。
 
6月21日(木)22日(金)
全体(女全交県担当者) 女性経営者全国交流会in埼玉


7月8日(日)9日(月)
仲間づくり委員会 一泊例会 赤見温泉


8月27日(月)
例会づくり委員会 候補者(株)YSM 八島 哲也氏


9月18日(火)
幹事会 三地区合同例会予定(東彩 東部 埼葛)赤城フーズ株式会社 遠山 昌子氏


10月
夢かたち委員会 テーマ実践経過報告


11月
例会づくり委員会 同友会会員報告


12月11日(火)
全体(全研担当者) 全県経営研修集会(開催地川口リリア他)


1月
夢かたち委員会 テーマ実践経過報告


2月
例会づくり委員会 候補者(株)grain grain 鈴木 美緒氏


3月11日(月)
仲間づくり委員会 歴代会長会及び同窓会


4月
全体(幹事会) 定時総会(県総会)


5月
全体(幹事長 副幹事長) 地区総会


例会づくり委員会 (例会:8月・11月・2月)
会社が良くなる地区会を目指し、5年先の未来を見据えた経営課題の解決のヒントとなる場を提供するとともに、ゲストにも参加しやすい例会づくりを心掛けます。
・運営は、例会毎に担当責任者を選任し、誰もがリーダーとして自主性を養う場とします。
・加須・羽生新地域設立の中心となり、会員増強の手助けをします。
 
仲間づくり委員会 (例会:7月・3月)
仲間を深く分かり合える地区会を心がけます。
・同友会を広める活動及び、外部への広報活動を推進します。
・会員拡大の中心となります。
 (交流部会)埼葛地区会の親睦を図る会を開催します。  (全会が対象となりうる懇親会など)
 
夢かたち委員会 (例会:10月・3月)
学べる地区会の象徴の委員会であり、2018年度の学びのテーマを決め、一年を通して勉強会を開催し、その学びをヒントに、10月・1月に例会開催します。
 
幹事会 (例会:9月)
20185月より、開催日を毎月第1月曜日に変更 
前半19:0020:30 幹事会  後半20:30~21:00 会員拡大ミーティング
・事前に課題を抽出し審議事項の要点を絞り込むことにより、
①活発で有意義な意見交換の場にします。
②会議時間90分を目標にします。
・例会企画書提出【3か月前協議・2か月前審議・1か月前最終確認】
・幹事会は、各委員長、副委員長が出席します。出席率低下の歯止めとして、他行事や全国県行事等のスケジュールを確認の上で日程調整を行います。また、幹事会は、開かれた場所とし希望者は出席出来るものとします。
 
県 全国主催のセミナー研修や行事に参加推進
・全国以外にも、助成金の幅を広げます。(フォーラム、県総会・地区総会・理事研修・経営指針づくりセミナー・県、他県協力 他必要とするものは、幹事会で審議します。)
・助成金制度を受けるためには、申請レポートを提出し全地区会員に共有する事とします。
 
35周年に向けて新たなスタート
・30周年ビジョンをもとに、5年先の未来のために、地区会と共に同友会活動をフル活用し、良い会社、良い経営者、良い環境づくりを目指します。
 
会員拡大
・常に会員増強を意識した例会として活動を強化します。
・一人がひとり以上動員の心がけお願いします。
・会員拡大ミーティングで、ゲストフォロー進捗状況確認の徹底を目指します。
 
埼葛地区会会員が、幸せになるために
・自社の課題解決を第一に、同友会をフル活用し、5年先、10年先がより良いものとなるよう、明るく元気にご一緒して行きましょう。
・同友会活動=同友会経営となるように、会員各自の向上と経営の学びの場の提供を心がけてまいります。